仲村トオル、高橋克典。小西真奈美「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」 第6話 - ドラマな人々@遊Blog

仲村トオル、高橋克典。小西真奈美「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」 第6話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

伊藤淳史、仲村トオル、高橋克典。小西真奈美
「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」
第6話 完全犯罪のメロディー


を観ました。
⇒⇒現時点のこのブログの順位は⇒



面白いよねぇ〜。
どんどん面白くなってくるよねぇ〜。

Ai…死亡時画像診断の意義がクローズアップされて
きました。

★★【送料無料】知っておきたい泌尿器のCT・MRI
★★【送料無料】よくわかる脳MRI新版
★★【送料無料】心臓のMRIとCT

警察庁刑事局審議官 警視監、北山錠一郎(尾美としのり)が
左目を一発の銃弾で撃ち抜かれる…

しかも

強烈な磁場の働く縦型MRIの中で死体となって発見される
というショッキング…
いや、私からすればワクワクする死に方に既に興奮ぎみ
だったのに加え、

今回、新たに
北山錠一郎が殺されたときに流れていた音楽が
ショスタコービッチではなく、そこにあるはずの
ない友野優一が毛嫌いしていたモーツァルトの曲だったこと、

そして、その曲に使われていた効果音としての銃声が
北山錠一郎を殺害した銃声と勘違いさせるトリックに
使われていたことが判明するという、知的レベルの高い
犯人像にこれまた興奮がおさまりません。

bachisuta.jpg
◆チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 original soundtrack◆

さらに

縦型MRIの検査室は密室などではなく、解剖室とつながって
いたことが判明。

そこで
白鳥(仲村トオル)は笹井スミレ(小西真奈美)に疑惑の目を
向けるものの、これはあっさりと本人のビンタにより否定される
わけで…。

konishimanami2.jpg

むしろ
今回の事件の解明には、Aiによる画像診断が手がかりになる
ことを指摘するくらいで、笹井スミレはほ白鳥とグッチーの
協力者であることは間違いありません。

それにしても

モーツァルトの曲に使用されている銃声をトリックに使う
なんて、なんだか「刑事コロンボ」を彷彿とさせるようで、
私はこういうのが大好物なんですよネ。

ウレシクなってしまいます。



手がかりは北山錠一郎のAiに残されているというわけ。
その画像から得られた新事実というのが、これまた
興奮モノ!

左目を打ち抜いた銃弾の画像からは、発砲すれば必ず頭部に残る
はずの火薬を確認することが出来ないという新事実。

つまり

北山錠一郎は、発砲された銃弾によって殺害されたのでは
なく、頭部に残った銃弾は殺害後に埋め込まれたもの…

ということになる。

では
左目を打ち抜いた銃創は、どのような方法で出来たのか?
北山錠一郎は、いったい何処で、どうやって殺害され、
その後MRIに座らせられたのか…

疑問が尽きない…
尽きなくて、尽きなくて
ワクワクしてきてしまう…。

ウヒャア〜、
この殺人…レベル高いよぉ〜。
犯人、手ごわくてサイコーっす。
⇒⇒視聴率と動画サイトを探すならコチラ⇒

じゃあ

誰が犯人なの?

ってことなのよ。

斑鳩(高橋克典)も怪しいけど、宇佐見(福士誠治)も
怪しいのよねぇ…。

HUKUSHISEIJI.jpg

北山錠一郎を父のような存在と崇めれば崇めるほど
もしや宇佐見が犯人なのでは?
と思えてくる。

しかも

北山錠一郎が自ら命を犠牲にした自作自演の殺人事件なのでは?
なんて気もしてくるのよねぇ…。

なんとしても
Aiを阻止しなければならない!

その強い意志…遺志は
北山錠一郎のシナリオに沿って、
実行犯宇佐見の手によって
遂行された…。

そんなストーリーを想像してしまいます。

北山錠一郎は、過去のDNA鑑定による冤罪事件という
負の遺産を自らの責任として背負い込み、過ちを
生きたまま認めることが出来ずに、死してその責任を
とるという方法を選んだのでは?

そして
自らの死によって

Aiを断固阻止する。

そんなストーリーも成り立つような気がしてきます。

宇佐見は、その北山錠一郎の無念とAi阻止という
遺志をなんとしても成し遂げなければならず、
結果論ではありますが、Aiの登場が北山錠一郎が
自らの命を犠牲にすることになったと解釈すれば、
あながち
無謀なシナリオでもないような…

気がする…

ものの…

やはり…

全く…

自信ありません…トホホ。

でも
斑鳩が犯人じゃあ、ちょっと、そのまんますぎるしねぇ…。



いずれにせよ
最後までこの調子で楽しませてください!

お願いしますっ。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-08-17 14:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
遊さん

>いや、私からすればワクワクする死に方に既に興奮ぎみ

・・・その興奮が素敵です。
本当にレベル高いですよね。

高すぎてまっとうに斑鳩しかいなくね?
とか思ってしまうんですけど、それだと
ドラマがつまらないし。

今後の展開にますます期待です。

また遊びにきま〜す
Posted by Tacky at 2011年08月21日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。