上戸彩、桐谷健太「絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜」第8話 - ドラマな人々@遊Blog

上戸彩、桐谷健太「絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜」第8話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

上戸彩、桐谷健太
「絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜」
第8話 敵、現る


を観ました。
⇒⇒本日のブログ順位発表⇒



今回はソコソコかなぁ…。

確かに竹林(木村了)が容疑者になるっていうのは
面白いし、竹林のDNAデータが真犯人のデータに
改ざんされていたっていうのもトリックとしては
面白いですよね。

だけど、今回のおおもとの猟奇殺人のほうは
かなりあっさりした処理の仕方になっていて
正直、もう少しこちらの犯人像にも、もう少し
光を当ててもらってもよかったのになぁ、と
思ったり…。

結局、サブタイトルにもあるように

「敵、現る」

なんですよね、今回は。
畑山昭子(堀内敬子)の影が日に日に濃くなり
桜木の前に現れる。

猟奇殺人はその前振りだから、扱いが軽くなって
しまう。
事件そのものの扱いが軽いというのではなくて
犯人が軽いのよね…そのあたりに物足りなさを
感じるのかも。
⇒⇒本日の人気発表⇒

やっぱり、私はスペシャルを視ていないものだから
畑山 昭子(堀内敬子)がどういう人物かが
さっぱりわからずじまいなのが、この消化不良気味の
最大の理由なんでしょうね…。

でも

桜木の潜入捜査が、ソコソコのレベルに成長したことで
とても観やすいサスペンスドラマになりました。

まあ

第8話に関していえば、最大の見どころは

桜木の潜入捜査よりも磯村亮平(小林高鹿)と
白石晋太郎(中原丈雄)による偽クレーム電話
での女っぷりだったのかもしれません…。

いずれにせよ
ここまで来たら

データ改ざん含め、すべての事件を操っていると
思われる畑山 昭子(堀内敬子)を中心にした
物語にしていただけたら、と思いますわ。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-09-02 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。