伊藤淳史、仲村トオル、高橋克典、 安田顕、小西真奈美、福士誠治「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第8話 - ドラマな人々@遊Blog

伊藤淳史、仲村トオル、高橋克典、 安田顕、小西真奈美、福士誠治「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」第8話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

伊藤淳史、仲村トオル、高橋克典、
安田顕、小西真奈美、福士誠治
「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」
第8話 貫通


を観ました。
⇒⇒本日の順位発表を見る⇒



これまでの7話だけでも十分に楽しめる物語。
だけど、この「アリアドネの弾丸」は
もっと深いドラマへと展開していきそうです…

とにかく、第8話で明らかになった新事実によって、
このドラマの核の部分が見えてきた…
そんな重要な回だったように思います。

その新事実とは

他でもない、島津吾郎(安田顕)が20年前の
松崎事件の容疑者、松崎行雄(六平直政)の息子
だったという新事実です。

意外な展開に驚きつつも、これでこの「アリアドネの弾丸」
というドラマの中心軸に存在する大きな柱の姿がはっきりと
見えてきました。

それは

「父」

なる存在。

★⇒⇒TV サントラ CD
【チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 original soundtrack +】11/9/14発売


「父」は一人ではありません。
この物語には、三人の「父」の存在があります。

三人の父…。

その一人は、ほかでもない、松崎行雄であり、
誤ったDNA鑑定によって無期懲役刑に服し、第5回公判によって
無罪判決を勝ち取った冤罪事件のいわば被害者。

二人目の父は、東城医大法医学教室准教授の
笹井スミレ(小西真奈美)の父。
松崎行雄の冤罪の決め手となるDNA鑑定を提唱していた
張本人であり、その悔悟から自殺をしてしまった父親です。

そして、三人目の父は…

そうです、自らの命を代償にAi阻止を目論んだ
北山錠一郎(尾美としのり)です。
息子は宇佐見(福士誠治)。
血のつながりはありません。
宇佐見が父と慕うその意味が、ここに来てクローズアップ
されてきた印象があります。

★⇒⇒【送料無料】冤罪足利事件
★⇒⇒【送料無料】魔力DNA鑑定

第1話から第7話までは、Aiをめぐる事件を中心に
展開していたのに対し、第8話から最終話までは
おそらく、松崎事件をめぐる、松崎事件に関与した
三人の父をめぐる子供たちの闘いになっていく…

そんな予感がしてきます。
⇒⇒人気の動画サイトをチェック⇒

★⇒⇒原作【送料無料】アリアドネの弾丸

その中心になるのが、宇佐見でしょう。
Ai阻止という名目以上に、絶対正義であるべき
警察組織の一員でありながら、松崎事件の冤罪の
事実を認めざるをえず、その追及から逃れようと
自決をした北山の死を絶対に無駄にはしない…

その強い意志が宇佐見にはあります。
その意志が宇佐見に何をさせるのか…

おそらくは、自由の身となった松崎行雄を
あらたな女子高生殺害事件の容疑者に仕立て上げる
ことにより、一事不再理ではあるものの、20年前の事件
についても限りなく黒の印象にしていこうとするので
しょうね。

それも、最新のDNA鑑定を利用して。

たとえば、無罪判決を勝ち取った祝賀会で吸っていた
煙草の吸い殻を密かに入手し、宇佐見が女子高生を殺害
した現場に遺棄するなどして…。

父として崇める北山が松崎行雄を犯人として逮捕した
ことは、正しかったことを証明するために、ただただ
北山錠一郎の名誉回復のために宇佐見は新たな殺人を
犯し、北山の遺恨を晴らすべく暴走していくに違い
ありません。

それに対して、笹山スミレは解剖という手段で…
島津吾郎は、Aiによって

それぞれが、真実に迫っていき…
それぞれが、父親の正当性を証明していく…

そんな物語になっていくような気がします。

そして、警察側の舵取りをする斑鳩(高橋克典)が
どういうポジショニングをするのかが、とても
興味が湧いてきます。

悪なのか、善なのか…
組織なのか、人間なのか…

さらには、Aiはどう評価されていくのか、興味は
尽きません。

「アリアドネの弾丸」…
期待していなかったぶん、物語の奥行の深さに
ハマってしまった状態です。

文句なく面白いです!


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-09-02 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。