佐藤浩市、三浦春馬、斉藤由貴、六角精児「陽はまた昇る」最終話 - ドラマな人々@遊Blog

佐藤浩市、三浦春馬、斉藤由貴、六角精児「陽はまた昇る」最終話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

佐藤浩市、三浦春馬、ARATA、斉藤由貴、六角精児
「陽はまた昇る」最終話
卒業〜さらば愛しき教官


を観ました。
⇒⇒ドラマ好きが沢山⇒

satoukouiti.jpg


なにが、「さらば、愛しき教官」だよー!
鬼だ、なんだと言いながら、問答無用に
40キロ毎日走れと怒鳴っていたのは初回のみ。

2話あたりからは、もう、鬼なんてイメージ
ほぼなくなりつつ…って感じでしたものね。



遠野一行(佐藤浩市)自身、どんどん生徒たちに
影響受けちゃって、生徒たちから教わることが
多くて多くて…

結局、態度は冷たく振る舞いながらも、ただただ
熱くて優しい、生徒思いの教官だったという
イメージしかありませんわ。

ただの昭和のシャイな堅物ってこと。
自己表現が下手の中年ね。
でも、実は思いやりのあるいい人。

だから、引きずるのよ、過去を。
忘れられないのよ。

で、頭の中、自分が担当した事件ばっか…
それを仕事人間と勘違いしちゃうわけね。
仕事人間は、引きずらない。

要は、遠野一行ほどセンチメンタリズムな刑事は
いないってこと。

ARATA.jpg

あーあ、
ARATAさんと対峙したときには、もっと、スリリングな
サスペンスに発展するかしら?
と期待した私が大バカでした。

結局、だらだらと引き伸ばした
金八先生じゃないですか…

鈴木先生のほうが、ある意味、よほど鬼ですよ。
中学生に妥協なくセックスを語らせるんですから…
⇒⇒人気動画サイトと視聴率サイトをチェック⇒

ま、今回は

井上由美子さんの脚本がベタでダメでした。



いっそのこと
簑島部長(真矢みき)が佐藤浩市に愛の告白でも
してくれたほうが、よほど喜劇として笑えたのに…

mayamiki.jpg

「どうだ、遠野。
 いや、いいんだ。
 ただ、ちょっと気にかかることがあるんだ。
 私と知り合ってからどれくらいになる?
 まあ、いろいろと最初はお互い衝突したことも
 あったが、どうだ?私のことをどう思う?
 いや、いいんだ、答えなくても…
 私か?私は遠野のことはだいぶ評価するように
 なった。
 今日は天気がいいな。空が美しい。青いじゃないか。
 雲が美しい。白いじゃないか。
 こんな素晴らしい日だから言うが…
 遠野…私は独身だ。いや、そんなことはわかっている
 だろうが、遠野のも今では独身だ…失敬。
 まだ、奥さんの傷は癒えていないのはわかっている。
 だが、私もオマエも独身に違いない。
 遠野…寂しくはないか?
 私は独身生活が長いから、一人は慣れているが
 遠野は辛いだろう…
 だからというわけではないんだが…
 結婚してみてはどうだろうか、私と。
 いや、今すぐってわけではない、もちろん。
 奥さんの一周忌が済んでからでいいんだ。
 私ももうギリギリなんだ。
 私も女だ。 結婚だってしたいと思っている。
 だから、はっきりと言うぞ。
 遠野、結婚を前提につきあってくれ!
 これは命令だ!」

はぁ〜
思わずくだらないこと書いちゃいました。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-09-19 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。