伊藤英明、中丸雄一、田中哲司、高島礼子「ラストマネー〜愛の値段〜」第5話 - ドラマな人々@遊Blog

伊藤英明、中丸雄一、田中哲司、高島礼子「ラストマネー〜愛の値段〜」第5話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

伊藤英明、中丸雄一、田中哲司、高島礼子
「ラストマネー〜愛の値段〜」第5話
愛なのか、金なのか


を観ました。


⇒⇒ブログ村入口⇒


欲しかったのは、愛なのか…
それとも、金なのか…

金に目がくらむとはよく言ったもので
大金欲しさに他人の命を奪う、あるいは
我が子の命に替えてでも大金を得て愛人に貢ぐ…

愛を求めた結果、偶然にも大金を得た経験が
本人の意思とは無関係に麻薬のように効いてくる。

愛を求めたはずなのに
手にした金にそれまでの人生で感じたことのない
全身が痺れるほどのエクスタシーを感じてしまう。

takashimareiko5.jpg

保険金を手にした経験が、
命の価値を変えてしまう。

タイトルそのままに
保険金は自分への愛の値段だと実感し
それを手にして初めて相手の愛を実感し
満たされる。

私は金を求めてその男と付き合ったのではない。
私は愛を求め、そして、彼も愛を求めた。
その結果として、彼は私のために命を捧げ、
私は彼の愛を保険金という形で受け取ったにすぎない。

ただ、それだけのこと。

takashimareio2.jpg

彼は…彼らは皆、私を愛することで幸せを感じた。
私は彼らの愛を保険金という形で確かめることで
至福を得ることができる。

彼らは、私のために保険の契約をし、その契約を
履行すべく命を絶って逝った…

それだけのこと。

佐々倉亜希子は、保険金という麻薬に憑りつかれた
可哀相な女なのか、男の心も体も、そして命をも手玉に
とる魔性の女なのか…

高島礼子さんの顔を見ていて、いえ、佐々倉 亜希子の目を
見ていると、悲劇性よりも天才的な愛の両替屋といったところか…

とにかく、男たちと偶然知り合い、金の話をするでもなく
男たちが亜希子に吸い寄せられ、男たちの心の隙間に
スッと触手をのばし、愛撫する…
男たちの気持ちを探るように。

takashimareiko6.jpg

そして、彼らが恍惚としたところで
母親の病を話題にし、それに対する反応を見る…

母親の病…その治療費…

さあ、餌を垂らしたのだよ。
あなたは喰いつくの?どうなの?
私のことをどれくらい愛そうとしているの?
さあ、私を愛したいのなら、治療費を出しなさい。
私は言葉なんて信じない。
言葉でなんていくらでも「愛」を語れるわ。
でも、愛をお金に両替するのはとても大変なのよ。
だって、最期にはあなたの命が私にとっての愛そのものに
なるのだから…
⇒⇒ドラマ視聴率をチェックするなら⇒

そして、あなたも幸福になれる。
後悔はさせないわ。
私を愛したまま至福の死を迎えさせてあげる。

まあ、そんな妄想に浸りたくなるほど、高島礼子さん
の演技には惹きつけられましたね、怖いほど。

takashimareiko1.jpg

そして

次なるターゲットもいともたやすく手繰り寄せ
操り人形よろしく何の根拠もないにもかかわらず
絶対的な献身を、無償の愛を自分に約束させようと
してしまう。

あの主任さん…チョロイ。

でも

保険金殺人の容疑をかけられそうになった時点で…
向島(伊藤英明)が証拠となる手紙を持ってきた時点で…

次なる本当のターゲットは、もしかすると
向島に変更させようとしているのかもしれません。

向島のかかえる「償い」のトラウマという心の傷口を
舐めるように愛撫して…

毒牙。

takashimareiko4.jpg

亜希子の毒牙から向島を救うのは、
如月(松重豊)?
それとも一ノ瀬(田畑智子)?

ううん、やっぱり大野(中丸雄一)であって欲しいですね。

彼、いいです。
好きですね。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-10-12 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。