尾野真千子、小林薫NHK「カーネーション」第19話〜24話 - ドラマな人々@遊Blog

尾野真千子、小林薫NHK「カーネーション」第19話〜24話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

尾野真千子、小林薫 
「カーネーション」
第19話〜24話 誇り


を観ました。
ブログ村順位発表⇒



不況にリストラ…

なんだか平成の今にも通じるご時世のお話で…。

でも、そんな時代でも夢に向かってまっすぐに
進もうとする糸子の姿は見ていて気持ちのいいものです。

パッチ屋で働かせてくれと頼んだのが、ついこの前だと
思ったら、今度は洋裁を習いたいと頑固な善作に頼み込む
糸子。

パッチ屋を首になり、ガックリきていた矢先に出会ったのが
ミシンの実演販売に来ていた根岸先生。

夢を追い続けている人の前には、新しい出会いを神様が
用意してくれるのかしら?
糸子にとっては運命的な出会いですよね。

この洋裁の先生役を演じた財前直見さんもなかなか良かった。
このまえの同じNHKの「フェイク 京都美術事件絵巻」よりも
好印象。

着物姿が主流の通りを背筋をのばし、胸をはって堂々と歩く
姿は、何故か戦前の昭和の風情が漂うようで、和風美人の
財前直見さんにピッタリの役柄かと…。
お帽子もお似合いでしたね。

さて

そんな根岸先生に洋裁を習おうと心斎橋に出かける糸子
でしたが、ミシンを購入しないと教えてもらえないばかりか
講義の内容はミシンの初歩の初歩。
とても糸子が望む洋裁には程遠いものでした。

そこで

善策に母がたの祖母にミシンを購入してもらうから
洋裁を習わせてくれと手をついてお願いするわけです。

そのときの覚悟を決めた際の

「お父ちゃん」

と言う尾野真千子さんがとても好きですね、私。

「お父ちゃん…」

尾野真千子さんの女性にしては低めの声に
やや緊張の糸を張り詰めた感じ。
父の激昂を覚悟し、身構え、恐怖に打ち克とうと
勇気を振り絞るその「お父ちゃん」が私は好きです。

◆◇TVサントラ/カーネーション オリジナル・サウンドトラック

そんな糸子の頼みに対して、予想にたがわず、期待どおりに
怒鳴り返す善作ではありましたが、パッチ屋の時同様に
時が経ち、やや冷静になればやはり人の親。
可愛い娘の気持ちを考えてやるのが善作のいいところ。

そんな善作の気持ちを変えるきっかけは、夜中に
漏れ聞こえてくる糸子のすすり泣く声。
夢をもつ娘に対し、小さいながらも呉服屋を営む
主人としての誇りから、夢をあきらめさせようとする
頑固な自分に反省する善作…なんやかや言いながら
娘思いのいい父親ですね。

前にも書きましたが、ホント、尾野真千子さんと
小林薫さんの親子のシーンはいいですね。
大好きです。
人気ブログをチェック⇒

そして

娘が娘なら父も父。
根岸先生のところに出向き、レストランで土下座して
糸子に個人レッスンをしてくれるよう頼み込む善作。

いいオヤジさんだこと。
娘のために土下座までする父親なんて、そうざらには
いません。

不器用なだけに相手に本気の気持ちが伝わり、相手を
その気にさせてしまう…
やっぱりこの二人は親子なんですよね。

念願かなって根岸先生に洋裁を教わることになった
糸子。
印象的だったのは、洋服を着て町を闊歩するシーン。
泰蔵兄ちゃんの目の前を背筋をのばして歩き、その
姿に唖然とする泰蔵に上品な笑みを浮かべて軽く
会釈する糸子の顔といったらありません。

その得意げで誇らしげな表情…
観ているこちらも、つい釣られて微笑んでしまいました。

さて

そんなこんなで1週間という短期間に根岸先生から
洋裁のイロハを教えてもらった糸子。
根岸先生との別れに涙を流したのもつかの間、
頑張る糸子の目に飛び込んできたのが
デパート火災で逃げ遅れた女性店員たちの記事。
着物の裾の乱れを気にして逃げ遅れたという内容
を目にした糸子には、それが火災の犠牲になった
悲しみの記事ではなく、洋裁を習った自分のチャンス
だと直感してしまいます。

これが人生に成功する人とそうでない人の違いなの
ですね、きっと。

凡人なら見過ごすチャンスを見逃さず、なんとして
でもつかみとろうとする気持ち。
それが糸子にはあります。

さて

そういうことで、デパートの制服を自分がつくり、
売り込もうという糸子の頑張りは、また次回の
ブログ更新時に…。

ああ、今週(先週)も面白かった。
ドラマって本当にいいもんですね。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る

2011-11-01 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。