亀梨和也、杏、鈴木福「妖怪人間ベム」第2話 - ドラマな人々@遊Blog

亀梨和也、杏、鈴木福「妖怪人間ベム」第2話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

亀梨和也、杏、鈴木福
「妖怪人間ベム」第2話
涙の秘密…人間になれない連続通り魔


を観ました。
⇒ブログ村に興味ある?⇒



深いなぁ…このドラマ。

妖怪であることの悲しみ。

そして

人間であることの苦しみ。

根底にその両方が描かれているから
心に沁みてくるんですよねぇ…
⇒気になる視聴率は人気ランキング⇒

悲しみや喜びが。

今回も杏さんベラがご活躍。
小春(石橋杏奈)との夜の公園でのシーンが良かった。

YOUKAININNGENN4.jpg

『なかなかうまいじゃないか、小春。』
「呼び捨てにしないで。」
『最初にさんづけすると、後で呼び方変えるの照れくさいだろ。』
「なに親しくなる前提で話してるの?もう、放っておいてよ。」
『放っておけないね。
 私は嫌いな相手はとことん嫌うけど、
 いいなと思ったら一途なんだよ。』
「なんなの、あんた?
 どうせ私の恥ずかしいとこ見て笑ってるだけなんでしょ。」
『どこが恥ずかしいだい?
 今の歌声はあんたの苦しみ…心の叫びってやつなんだろ?
 いいじゃないか、もっと素直に叫んじまえば。』

そして極めつけは

「あんたに何がわかるのよ?
 誰かとかかわるのがどんだけ怖いかなんてわかんないでしょ。」
『…ふっ
  何が怖いっていうんだよ。』
「もういい、もういい。どんだけ無神経なの?
 ホント、くだらない。みんな全部くだらない。」
『あんたもそうだろ…いや、違うか。
 他人の文句、グチグチ言っているあんたのほうが、
 よっぽどくだらないね。』

(省略)

『あんた人間だろ!
 なんにでもなれるだろ…』

嗚呼、いいなぁ…
杏さんのベラ。

人間の苦しみに理解を示しながら
人間になれない妖怪の哀しみに溢れている。

ジーンとしてきます。

それにこのドラマ、全編にわたって音楽がいいですね。
深い哀しみにあふれるメロディ…かなりお気に入りです。


人間の涙を皮膚に垂らすと人間の皮膚に変わる…
人間の流した哀しみ、苦しみ、喜び
涙は人間の感情の結晶…
だから、人間の涙が妖怪を人間に変えてくれるかも
しれない…

そんな淡い期待をもたせつつ
柄本明さん演じる謎の男が人間の悪意を増幅させていく…
そのプラスとマイナスの塩梅もとてもよく
ドラマ全体を引き締めてくれています。

やっぱりこのドラマ、
今クールの新ドラマではピカイチですね。

あ、そうそう。
風間俊介さんはすっかり犯人姿が板についてきましたね。
それでも、生きていってください。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2011-11-01 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。