TBS日曜劇場「運命の人」考 - ドラマな人々@遊Blog

TBS日曜劇場「運命の人」考

あけまして おめでとうございます。
遊(ゆう)です。
本年もよろしくお願いいたします。

2012、冬の新ドラマについて少々。
今回はTBS日曜劇場「運命の人」。
★Rankingを見る⇒

motokimasahiro1.jpgmakiyouko1.jpg


山崎豊子さん原作。

そう聞いただけでとりあえず観てみるか、と
思うのは中年世代以上の視聴者でしょうか。

振り返れば、「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」
「沈まぬ太陽」等々、ドラマ化、映画化された山崎豊子作品
は枚挙にいとまない。

そして、多くがリメイクされているのも特徴の一つと言える
かもしれません。
ま、それだけ社会派ドラマとして見ごたえのあるテーマであり、
かつ、俳優たちにもスポットが当たる人間ドラマとして
スケールの大きな作品として演出できることからも、自ずと
テレビ局も視聴者も制作意欲を掻き立てられるでしょうし、
期待もするというわけです。
★人気ランキング⇒

そんな中、「運命の人」は2009年に出版されたばかりの
作品。今回初の映像化となるわけです。

扱う題材が、「沖縄返還密約事件」というのも話題として
とても興味あるところ。

この密約事件、別名「西山事件」と呼ばれるもので、
1971年の沖縄返還協定に際し、公式発表では米国が支払うことに
なっていた地権者に対する土地原状回復費400万ドルを、実際には
日本政府が肩代わりして米国に支払うという密約をしているとの
密約を毎日新聞社の西山太吉記者が社会党議員に漏えいしたという
もの。

motokimasahiro2.jpg

日本政府はずっと密約の存在を否定し続けていたわけで、裁判でも
西山記者は有罪判決を受け、当然、職を失う結果に。

国家機密と報道の自由を天秤にかける難しいテーマでは
あるものの、否定しつづけてきた「密約」の存在が
民主党政権下、2010年3月9日にその存在を政府が認め
当時の岡田克也外務大臣が西山記者に対して謝罪ともとれる
コメントを発表したことは、記憶に新しいですね。

matsutakako1.jpg

題材は40年ほど前の事件ではありますが、事件そのものは
真相が明らかにならないまま40年間継続していたのであり、
かつ、真実に光が当てられたのはつい2年ほど前ということで、
ある意味、とても新鮮な話題であると思います。

特に、題材の中心に居るのがマスコミの花形、新聞記者
であることには注目したいところ。

国家機密か、真実か…

新聞記者にとっての「正義」にスポットが当たることは、
日頃、記者クラブの微温湯(ぬるまゆ)体質につかりきっ
ている日本のメディア事情を鑑みると、ジャーナリズムの
意義を改めて考えるうえでも、とても興味深いドラマといえる
でしょう。

makiyouko2.jpg

当時、東京地方検察庁特別捜査部が起訴状において、西山が
情報目当てに既婚の事務官に近づき酒を飲ませた上で性交渉を
結んだと述べ、情報源の外務省女性事務官を国家公務員法
(機密漏洩の罪)、西山を国家公務員法(教唆の罪)で逮捕した
らしいのですが、その事実は定かではありませんが、この
女性事務次官の存在が今回のドラマの肝にるのでしょうね。


記者を演じるのは本木雅弘さん。
記者に機密を漏らした女性事務次官を真木よう子。
記者の妻に松たか子。

真木よう子さんには期待したいですね。


原作は未読ですが、あまり男女の情愛に偏りすぎず、
報道の自由の「自由」の意味を問いかけてもらいたいし、
また、新聞記者が「権力」と闘うことの意義を含めて
ドラマの中で追求していって欲しいです。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



タグキーワード
2012-01-01 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。