水谷豊、及川光博「相棒10」第10話元旦スペシャル - ドラマな人々@遊Blog

水谷豊、及川光博「相棒10」第10話元旦スペシャル

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

水谷豊、及川光博
「相棒10」第10話
元旦スペシャル ピエロ


を観ました。

sugishitaukyou1.jpg kannbetakeru1.jpg


やればできるじゃない…
なんて偉そうなこと言うつもりは、さらさら、ありませんけど
はっきり言って、こういうエンターテイメントをずっと待って
いたんですよ。

あー、良かった良かった。
ちょっとホッとしました。

もしこれで、元旦スペシャルも気持ちが暗くなるような
物語だったりしたらどーしよーかと…思いましたわ。

はー、スッキリした。

薫ちゃん時代にも、薫ちゃんが人質になってしまう展開と
いうのは何度かありましたよね。
薫ちゃんは、うっかりして人質になってしまい、右京さんに
助けてもらうパタンがほとんどだと思いますけど、神戸尊の
場合には、人質になりながらも単独捜査を遂行するなど、
一人になったほうが、かえって神戸尊の面目躍如といった印象
が強いのがポイントかもしれませんね。

今回のように、とっかかりの段階では、各々が単独に
捜査を進めて、最後に二人が合流していく…そんな展開のほうが
神戸尊の個性が発揮できるので、個人的にはそちらを推奨したい
ところ。

ま、いずれにせよ
時事ネタといいますか、同時代的な社会問題を取り上げるのは
結構ですけど、それがあまりに問題追及型に陥るのは、視聴者
としては辛いので、今回のようにあくまでエンターテイメント
として仕上げていただけることを今後も期待します。

そういった意味で、太田愛さんの脚本には好感を持ちましたね。

だって、今回だって、根っこにあるのはサラリーマンだった
父親がホームレスになり、死体として発見されたことに
端を発しているわけでしょ。

背景としては暗いのよね。

でも、しっかりとエンターテイメントしている。
もう、正月にふさわしく盛りだくさん。

盛り上がりとしては、「バベルの塔」以来かしら…。

太田愛さんの描く世界って、犯人に対してかなりシンパシーを
感じさせるのよね。

season8の「ミス・グリーンの秘密」の草笛光子さん、
「願い」の黒田福美さん…
season9の「最後のアトリエ」の米倉斉加年さんなんかもそう。

一人ひとりの人間の描き方がしっかりしているから、犯人やその周辺の
人々に至るまで、視聴者が感情移入しやすいと思うんです。
今回も主犯の斎藤工さんはもちろん、主犯にみせて実は利用されてしまう
吉田栄作さんなどもね、とても巧く描けていると思います。

斎藤工さん演じる主犯の犯罪計画そのものの着想が面白いですし、
犯行に利用されてしまった吉田栄作さんの存在感もとても物語を
引き締めてくれていたと思います。
吉田栄作さんの存在感があったからこそ、どんでん返し効果が
あるというものです。

子供たちの使い方もうまかったですよね。
神戸尊と子供をからめるのは、神戸尊の人柄を引き出すのに
も利用できるし、子供たちの自立物語にも反映できますし。

saitoutakumi2.jpg

それにしても
斎藤工さんの犯人役は似合っています。
彼、こういう役柄って多いと思うんですが、
何度観てもいいです。
お似合いです、悲しき犯罪者役が。

頭が良く、人を殺す極悪になることもできるいっぽうで、
非道に徹することができない、どこか中途半端な犯罪者。
憎みきれない犯罪者…
策に溺れ、自らの優しさが徒となる悲しい犯罪者。

saitoutakumi1.jpg

斎藤工さんのニヒルな眼差しがいい。
彼の孤独そうな目。
悪になりきれない優しい目が印象的。

ARATAさんの悪党役も好きですが、斎藤工さんの犯人役も
けっこう心にグッと来ますわ。

まあ、そんなわけで

今回は犯罪の手口も面白かったし、
犯人像も良かったし、
そして、イタミンたち捜査一課トリオも目立っていたしね。
レギュラー出演者総動員って感じで、それが嬉しくて嬉しくて。

官房長の穴は、とにかくみんなで埋めないとね…

いろいろと懸念材料満載の「相棒10」でしたが
ひとまずこれで気持ちを改めて観ることができそうです。

次回は、懐かしの迷探偵、マーロウ矢木の登場です。
暗い話にはなりそうもありません。

takahashikatsumi.jpg

期待します。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。


タグキーワード
2012-01-02 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。