甲斐まり恵、水谷豊、及川光博「相棒10」第14話 - ドラマな人々@遊Blog

甲斐まり恵、水谷豊、及川光博「相棒10」第14話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

甲斐まり恵、水谷豊、及川光博出演
「相棒10」第14話 悪友



を観ました。
⇒⇒本日のランキング発表⇒



正直、今回のずっこけトリオの過去の事件の記憶が
おぼろげでして…

詳細を思い出せずにいたものですから、
かえってそちらのほうが気になってしまいまして…。

でもって

なにやら今回の事件もパズルみたいに複雑に入り組んだ
謎解きになっているんですもの…困るんですよ、こういうの。

金井勇太、三宅弘城、松本実の三人をからめた筋立ては
面白いし、なによりも、甲斐まり恵さんがちょっと謎めいた
女性を演じていたのが私としては印象ぶかく…

kaimarie1.jpg

最後まで真相が見えにくい展開ながらも、そのプロセスを
楽しませてもらったというところなんですけどね。

でも、ちょっと込み入りすぎていて、真相を知っても
へぇ〜…ふぅ〜ん…ほほぉ〜ん…なんか難しい…

というような感じで、サスペンスに必要な後味爽快感が
感じることができませんでした。

なによりもね

一度は甲斐まり恵さんに真犯人をふっておいて、実は…
ってところで出てきた真犯人が、どうも真犯人役として
物足りないんですよ。
⇒⇒Raning Raning Raning⇒

犯罪のトリックがやたらに知能犯を思わせておきながら
肩書きだけは通訳というものにもかかわらず、本人に
あまり知性を感じないんです…

新犯人像としてはふさわしくないように思ってしまった
わけなんです。

ズッコケトリオ三人はそれぞれキャラとして面白い。
甲斐まり恵さんもなかなか良かった。
なのに真犯人にガッカリ…

まあ、演じた俳優さんには罪はないんですけどね。
真犯人周囲のほうが中心の物語っていうのは、
幕引きの仕方が難しいようで…

もう少し顔の知れた俳優を使えなかったんでしょうか…
ちょっと残念な結末でした。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2012-02-02 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。