本木雅弘、真木よう子、松たか子「運命の人」第6話 - ドラマな人々@遊Blog

本木雅弘、真木よう子、松たか子「運命の人」第6話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

本木雅弘、真木よう子、松たか子出演
「運命の人」第6話
“女”の復讐


を観ました。
⇒Ranking Ranking Ranking⇒


ドラマの展開としては、徐々に面白くなってきたと
思っていたんですが、視聴率のほうは思いもよらない
結果に…

これまでなんとか二桁視聴率をキープしていたのですが
第6話はついにひと桁視聴率に突入。

悲しいかな…9.9%。

どうしてなんでしょ?
私には皆目わかりませんわ。
⇒⇒ 最新ランキング発表⇒

テレビのほうはそんな下降線の展開なのですが、
何故か週刊誌では特集記事が組まれるほどの注目度。
やはり、実話に基づいているし、その実話に登場する
人物たちがこれまた歴史にその名を残す大人物ばかり
なのですから、さもありなんという感じですね。

サンデー毎日につつ゛き、週刊現代でもとりあげ
られた運命の人。

実話がベースになっていることから、登場人物と実際の
人物との照合が主な内容だったのですが、興味深かったのは、
外務事務官の三木昭子とその亭主の冷めきった夫婦生活から
セックスレスの詳細までを週刊誌で本人同士で対談までして
いたことです。

かたや元浮気女房。
かたや元病弱不能亭主。

この二人が週刊誌で二人の性生活を赤裸々に語った
ようなんですわ。

記事の見出しには、

「性的満足も与えず、束縛しすぎたのです!」

と三木昭子の夫に対する心情吐露のようなコピーが躍ります。
なんだか真木よう子さん演じる三木昭子よりも
かなり好戦的な性格だったのでは…と思うような
コメントですよね。

しかも、特集の最後に彼女は官庁や会社で働く
女性たちに向かって、新聞記者には気をつけろ、と
まるで自分自身が新聞記者に誘惑されたあげく
不倫に走ったような印象のコメントを残している
ようなんですね…

その結果の、機密漏えいということだという。

なんか、真木よう子さんのほうは美化して描いている
印象です…女性らしく。

ドラマではないですが、やはり、密約問題を真面目に扱うよりも
男女の問題にスポットを当てたほうが、この事件は面白いですね。
そもそも、山崎豊子さんが小説にしたのだって、機密漏えいが
テーマであるはずもなく、記者と外務次官の関係性に作家の
食指が動いたのだろうし、その狭間で夫を支える記者の妻の
存在を三角関係の支点にした物語に興味をもったはずなんです
よね。

日米で密約があったなんていうのは、表向きは密約でしょうが
国民にとっても、マスコミが騒ぐほど密約に対する憤りは
なかったのではないかしら?

国家が国民に嘘をつく…なんていうのは、国民は常識のように
感じていたのではないかしら?

だって、当時の多くの国民は、戦争という国家の国民に対する
大いなる欺瞞を経験済みのはずなのですから。

そもそも、私は西山太吉氏といいますか、ドラマでいうなら弓成の
あの正義漢面した物言いが好きではありません。
といいますか、新聞記者にかぎらず、テレビの記者にしても
正義を笠に着て正論をとなえる人間があまり好みではありません。

本当にあなたは言うほどの正義を持っているのですか?
信念をもっているんですか?
と問いただしたいくらいです。

沖縄の人々を思ってなのか…
日本国民を思ってなのか…

何故、真実を白日の下にしたいのか…

それは、とりもなおさず、スクープを自分の手でものにしたい
という新聞記者の野心からしか生まれないのではないかしら?
と私は穿った見方をしてしまうのです。

新聞記者の本能

機密漏えい事件の深層には、それしかないような気が
します。
そして、その記者の本能を知り尽くした外務事務官の女性が
本能を釣る餌に沖縄密約をちらつかせたとしても何の不思議も
ありません。

とにかく、

ドラマの展開としては、外務事務官の三木昭子と夫の三木琢也
に活躍していただき、スキャンダルにまみれていく弓成の姿を
サカナに旨い酒でも呑めればいいなぁ…と。

原田泰蔵さん、いい芝居しています。
ガンバってくださいね。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2012-02-22 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。