堀北真希主演、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」第4週を観て - ドラマな人々@遊Blog

堀北真希主演、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」第4週を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

堀北真希主演、NHK朝ドラ
「梅ちゃん先生」第4週 
ヒポクラテスの乙女たち


を観ました。
⇒⇒このブログを応援する⇒

horikitamaki12.jpg


医専に合格か不合格か!?

という前週のエンディングでしたけど
合格ありきのドラマだし、予告ではすでに学友たちとの
シーンが紹介されていたものですから、なんの変化球も
ないまま、梅子の受験番号

637

が大写しされるに決まってる!!

とタカをくくっていた私。

ところがどっこい
とんでもない変化球を用意していたのね、NHKは。

映し出された受験番号は、どこからどう見ても

631

にしか見えないもの。

一瞬私も、

エッツー!!ウソでしょ。
どうして合格してないの???

と一発合格を確信していただけに、急に不安に
なり、安穏と発表のシーンをながめていた自分が
恥ずかしくなる始末…

騙されやすいのね、私って…

で、まあ消しゴムが縁で友達になった澤田弥生(徳永えり)
から説明を受け、自分が合格したことを知った梅子なわけで
すけれど、梅子にとっては「まさか」の合格でしょうけど、
観ているこっちは、一回不合格に見せようとしたNHKの
そのあざとい演出アイデアに、騙された私がアホなんです
けど、なんだか腹立たしくなってしまいましたわ。

どこからどう見ても、あれは

631

でしょ。

と書く、あの不自然さ。無理やりさ。力づく。
そんなNHKに一瞬でも騙されそうになった私が情けない…
キーッ!!!無性に腹が立つわ。

という感じで始まった第4週。

班わけでC班になった梅子の学友の面々も揃いましたね。
演じる女優さんたちは、徳永えりさん、黒川智花さん、
西原亜希さん、そして白鳥久美子さん。

tokunagaeri1.jpg kurokawatomoka2.png
nishiharaaki1.jpg shiratorikumiko1.jpg

印象的なのは、白鳥久美子さんの顔の大きさ。
台詞をしゃべらずとも、顔の大きさとその個性的な容貌で
ある意味存在感はピカイチ!

umechannsennsei1.jpg

ちょっとツンケンした徳永えりさん演じる弥生。
仕切りたがりの優等生黒川智花さん演じる雪子。
実は子持ちだった西原亜希さん演じる典子。
東北なまりがコンプレックスの白鳥久美子さん演じる園田。

おませなタイプ、背伸びのタイプ、見栄っ張り、優等生、
頑張り屋、劣等感などなど…

一応、まんべんなく抜かりないキャストという印象ですけど
その中でも白鳥さんの園田の存在感はいいなぁ…
あの東北なまりもいい。
彼女、福島出身だから、あれは福島弁なのかしらね。

ドイツ語の誤訳で先輩たちの手荒い歓迎を受け、
前途多難な感じで始まった学生生活。
一難去ってまた一難ということで、薬品の買出しに
出かけることになったC班。
薬品を大量に買い込んだもののそれを運搬する車の
手段がない…いったいどうする?梅ちゃん!

umechannsensei2.jpg

というところで、思い出すのが、竹夫兄さんと
食糧を農家にわけてもらいに行った時のこと。
竹夫では交渉不成立でも梅子だと交渉がうまく
運ぶ…

これ、梅子の天賦の才。

車がダメならリヤカーをたった一人、人力で押してでも、
という根性をみせる梅子。
これぞ、なでしこ!
そんな孤軍奮闘をみせられては他の面々も黙っては
いられません。

まず、動いたのが園田。
そして次々とリヤカーを押し、東京を目指します。
すると運良く通りかかったトラックで運んでもらえることに。

shiratorikumiko2.jpg

学校に帰り、先輩たちを見事見返すことに成功した
梅子たちでした。

そして、今回の出来事をとおしてC班5人の結束は
強く、絆は深まりました。

なんていいお話だこと。
なんか、昭和30年代の映画の世界みたいですよね。
昔だったら吉永小百合さんなんかが主役なんだろうなぁ〜。
みんな純粋でまっすぐ。
そんな世界観に堀北真希ちゃんがぴったりフィットするのよ
ねぇ…
不思議な魅力があるわ、堀北真希ちゃんって。
⇒⇒このブログを応援する?⇒

horikitamaki1.jpg

さて、

あきらめてばかりの父親に立腹するノブ。
そんなオヤジがのど自慢に出場するのですが、唄うのが
「あきらめ節」とやら…

matxuzakatouri1.jpg

本番当日、ラジオの前で緊張の面持ちで幸吉の出番を
待つ梅子たち…
その中には梅子が強引に連れてきた息子のノブの姿も。

そして、ついに幸吉の出番が。

kataokatsurutarou1.jpg

唄うのは…なんと、「あきらめ節」ではなく「復興節」。
父、幸吉から息子へのメッセージでした。
歌はともかく、歌い終わった後にマイクに向かって幸吉が
「ノブ、聴いたか!あきらめるな!あきらめるな、ノブ!」と
叫ぶ様子には、ちょっと胸が熱くなりましたね。

「梅ちゃん先生」になって初めてかも、涙腺を刺激されたのは。
でも、その後にはおばあさんの仮病という軽い笑いもあったりと
あいかわらずの梅ちゃんワールドを展開。
家族そろって竹夫の働きぶりを見に出かけ、昔気質の頑固オヤジ
らしい優しさで、息子を許す建造といい、息子にエールを送った
幸吉といい、父親というのはやはり、なんやかや対立していても
息子のことを愛しているんだなぁ、と感じさせる週末でした。

horikitamaki13.jpg

《メール便なら送料無料》【CD】SMAP /さかさまの空《DVD付限定盤》:NHK連続テレビ小説「梅ち...

視聴率も好調のよう。
いいんじゃない?梅ちゃん。
ほのぼの楽しめます。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2012-04-29 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。