中居正広主演「ATARU」第5話の感想 - ドラマな人々@遊Blog

中居正広主演「ATARU」第5話の感想

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

中居正広主演「ATARU」第5話
本当にあった透明人間事件


を観ました。

ATARU4.jpg


なんだかなぁ〜…
笑いのツボを刺激してこないのよねぇ〜。
『東京弁の関西人がっ!!』なんていうのは、
センスあると思うのに、何故か笑えなかったのよねぇ。

『エノキチャーハン』のネタもかなりしつこく引っ張って
いたけどね、いかんせん、『エノキチャーハン』に聞こえない
からね、私には…。

『無理やりかいっ!?』
ってなツッコミ入れたくなるくらいでしたよ。

絵的にもエノキチャーハン、インパクト無かったし…、
そんなチャーハン食べたことないし…。

結局、今回は助手が過去の事故の後遺症で、左側半分の視界を
認識しづらい、必要性がないと判断すると認識しない、という
事実を確認するために、時間を弄した感じ。

その症例を掘り下げたり、捜査に新機軸を打ち出すでもなく、
ひたすらネタをばらまき続けた印象。ああいうノリの展開で、
エンケンさん演じる教授が精神科医療の将来を語ったり、
臼田あさ美さん演じる講師が愛を語っても、どことなく
白々とした空気が漂うのよねぇ…。

結局、今回は助手が過去の事故の後遺症で、左側半分の視界を
認識しづらい、必要性がないと判断すると認識しない、という
事実を確認するために、時間を弄した感じ。

その症例を掘り下げたり、捜査に新機軸を打ち出すでもなく、
ひたすらネタをばらまき続けた印象。

ああいうノリの展開で、エンケンさん演じる教授が精神科医療の
将来を語ったり、臼田あさ美さん演じる講師が愛を語っても、
どことなく白々とした空気が漂うのよねぇ…。

ま、いいけど。

   

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。



タグキーワード
2012-05-15 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。