大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市「鍵のかかった部屋」第5話感想 - ドラマな人々@遊Blog

大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市「鍵のかかった部屋」第5話感想

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市
「鍵のかかった部屋」第5話
鍵のかかっていない部屋


を観ました。
⇒⇒ブログ村の順位発表⇒




ノリノリだねぇ、芹沢。

密室事件に関わるのをあれだけ嫌がっていたのが嘘のよう。
マスコミで取り上げられるや自分の手柄のようなはしゃぎっぷりは
年甲斐もなくといいますか、あまりに無邪気で可愛らしい。

迷惑どころか、名前が売れることにまんざらでもない
芹沢の様子に笑いをこらえることができません。

この単純さ、わかりやさ…好きだなぁ、こういう人…
こんな友達、欲しいよネ。

名声欲は旺盛でも、榎本のことを自分の懐刀として、
大切に思っている…という芹沢の優しさも伝わってくるから
余計に好感度アップ。

芹沢を通さずに榎本を呼んだ刑事の鴻野に嫉妬する
ところなんて、愛くるしいくらい。

そんな芹沢を演じる佐藤浩市さんが、とにかくいい!!

若い頃の佐藤浩市さんは、二枚目キャラが目立っていた、
というより、その容姿から三枚目キャラを想像できなかった、
というのが正直なところ。

恋愛もの、社会派、サスペンス…決して、コメディアン、喜劇役者
としての才能など誰ひとり期待していなかったに違いありません。

ところが、どうでしょう…
ここ数年のうちにコメディ色の強い作品への出演が目立っています。

思うに、2006年の出演映画、『THE有頂天ホテル』あたりを境に
コメディ作品、あるいは三枚目キャラに取り組むようになった
のではないかしら。

三谷幸喜さんとの出会いが、佐藤浩市さんの俳優人生を大きく
変えた気がします…そうに違いありません!!…って、まあ、
いつものことながら、私お得意の想像ですけどもネ。

satoukouichi3.jpg

中でも、『ザ・マジックアワー』は、佐藤浩市さんへのイメージが、
がらりと変わった作品であると同時に、コメディアン佐藤浩市が
誕生した記念碑的作品だと私は勝手に思っています。
⇒⇒人気ランキング発表⇒



なんだか、佐藤浩市さんのことばかり書いてしまっていますが、
肝心の物語のほうはといえば、犯人の男性の歪んだ心と歪んだ
部屋をかけているミステリーという点がキモですね。

また、原題は「歪んだ箱」ということですが、
ドラマのほうのタイトルは「鍵のかかっていない部屋」。
犯人の内面をタイトルに生かすか、密室ミステリーの常套
としての「鍵のかかった部屋」に対するアンチテーゼを
タイトルに反映させるかがポイントだと思うんですね。

今回は、やはり密室オタクの主人公、榎本径にちなんで
「鍵のかかっていない部屋」としたのでしょう。

そのあたりは理解できるものの、
トリックについてはちょっと…一言、ふた言。

テニスボールをピッチングマシンを使ってドアに
ぶつけて密室をつくった、というトリックには
ちょいとばかり無理を感じましたねぇ。

なんか、手が込みすぎている…
そんな印象。
第一、あれだけの勢いでテニスボールを何度もドアに
ぶつけたら、テニスボールの痕跡がドアに残るでしょうに。
すぐにトリックがばれそうなもの。

だけど、そのあたりは全くスルー。
密室を破る突破口として、換気口の穴と不自然なテープの
痕跡に榎本の推理は集中することに。

まあ、そうは言っても、やはり、榎本と青砥と芹沢の三人
のやりとりを観ているだけで相当楽しめてしまうから
不思議です。

榎本はチームメイト…

そう。
チーム榎本?
いえいえ、チーム芹沢っていいのよね、雰囲気が。
三人のキャラの按配もいい具合だし、息もピッタリ。
役柄だけでなく、俳優たちの息がピッタリで
芝居の相性がいい感じに出ているのよねぇ…

男二人に女性一人というのは、「ATARU」も
同じだけど、チーム芹沢のほうがはるかに観ていて
面白いのよ。
ま、比較するだけ野暮ですけどもネ。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               
このブログのトップページに戻る



2012-05-16 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。