堺雅人、新垣結衣主演「リーガル・ハイ」第7話の感想 - ドラマな人々@遊Blog

堺雅人、新垣結衣主演「リーガル・ハイ」第7話の感想

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

堺雅人、新垣結衣主演
「リーガル・ハイ」第7話
骨肉の相続争い!醤油一族に潜む秘密と嘘


を観ました。
⇒⇒ブログ村のランキング⇒


あれ?こんな程度なの?予告を見た時のインパクトが強すぎて、
ちょっと拍子抜けでございます。

まあ、だからといって、つまらなかったわけではないのですけど、
もっとハチャメチャなストーリーを期待していたもので…。

もっとも、『リーガル・ハイ』は、あくまで弁護活動がメインで
あることは、重々承知のつもりでしたけど、犬神パロディとくれば、
やはり遺産相続+殺人疑惑の弁護までやってくれるのかしら…と
期待してしまいました。

少々欲張ったか…私。

inugamike4.jpg sakaimasato10.jpg

でも、これまでの『リーガル・ハイ』の面白さから推測すれば、
それくらい欲張ってもあながち的外れではないと思ったのよね。
まあ、三木も言っていたように

『今回はお遊び』

なんでしょうけど、だったら、尚更遊び心がもっとあっても
良かったんでは?と思うのは、私だけでしょうか…。

inugamike2.jpg

てっきり、犬神シーンは、劇中劇の扱いかと思ってました。
⇒⇒人気ランキング⇒

山里深い村の雰囲気といい、古美門たち一行を出迎えた徳松醤油の
面々の時代がかった様子を見て、古美門や真知子の犬神妄想ワールドが
繰り広げられることになるのかと…。

社長の徳松嘉平の死は読み聞かせをしていた黛のいとこ・
千春(木南晴夏)が病死に見せかけて殺した疑いが出てきたり
してね…。

遺産相続争いと殺人事件が絡む難解な裁判にでもなるのかと…。

inugamike3.jpg

妄想ワールドでは、千春の弁護を真知子が担当し、
古美門が金田一耕介となって殺人事件の捜査をしたり…。

でもまあ、お遊びですから。

あまり、一生懸命になりすぎると、
お遊びにならなくなってしまいますものね。

私が一番観ていて笑えたのは、犬神家のほうではなく、
助さん格さんの黄門様ワールドのほう。

伊吹吾郎さんの出演はナイスでした。
伊吹吾郎さんと里見浩太朗のアツい抱擁には、
何故か笑ってばかりでは済まされない、感動すら覚えました。

sukesankakusan.jpg

あの抱擁は深いですねぇ…。

ということで、来週は今が旬、天才子役が依頼人になるもよう。
これまた楽しみです。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-05-30 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。