大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市、玉木宏「鍵のかかった部屋」最終話を観て - ドラマな人々@遊Blog

大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市、玉木宏「鍵のかかった部屋」最終話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市、玉木宏
「鍵のかかった部屋」
最終話 硝子のハンマー


を観ました。⇒⇒ブログランキングのブログ村⇒




見応えありましたネ。

面白かった。

何が面白いって、
やっぱり、主人公の善から悪へのシフトの鮮やかさでしょう。
それも最後の最後での逆転劇。

oonosatoshi8.jpg

多くを語らず、密室を破り自由を獲た勝利の笑みが、
どんな説明よりも饒舌に全てを語っている…

その演出が粋(いき)なんです。
センスの良さを感じるんですよね。

玉木宏さん演じる真犯人の自称、佐藤学と榎本の対決も
事件の入口では佐藤学に分があるように見せておきながら、
榎本が密室を破り、佐藤学と対峙した時点で、いっきに形勢逆転、
勝者のはずだった佐藤学が榎本の前に屈服していくその様は
定番の断崖絶壁で行われる刑事による真犯人追及シーンなぞより
冷酷で、完膚なきまでに佐藤学こと椎名 明の存在理由を破壊していく
残酷さがありました。

そこには慈悲の心はありません。

椎名明が榎本に投げた言葉…

「キミもこっち側の人間だろう…」

そう。
榎本も椎名同様にガラス越しに地位や財力に
羨望の眼差しを送る社会的弱者であると想像した言葉。

しかし、榎本が椎名を追い詰めるクライマックスでは、
その言葉が見事な大逆転劇の伏線として効果を発揮することに
なる。

榎本は、まるで椎名から同類相哀れむかのような言葉に
対して復讐を果たすかのように、椎名の敗北を、そして
榎本の勝利を徹底的に立証していく…。

おまえと一緒にするな…

そんな榎本の声が聞こえてきそうな
榎本の真相究明。

6億相当のダイヤを得ても、心はガラスの密室の中に
閉じ込められたままに違いないと、椎名の小市民的心情の
脆弱さを突いていく榎本。

それを認めざるをえない椎名…

結局、椎名明は6億という大金を自分が自由に羽ばたくための
翼に変える力は持ち合わせないのですね。

でも

榎本は違う。


榎本は密室を破ることで自らを密室から解き放ち
自由を勝ち取ります…

怪盗となって。

自由を手にした勝利宣言ともとれる最後の笑みが
これまで見せてきたオタクでカマトトな榎本と
最後の笑みのギャップがたまらなくいいですわ。

いやはや

なんともカッコイイ最終回でございまいました。

それにつけても

戸田恵梨香さん演じた青砥。
佐藤浩市さん演じた芹沢。
どちらも良かったですねぇ。

todaerika4.jpg

「SPEC」で戸田恵梨香さんの女優魂に感激し
今回の青砥で戸田恵梨香さんの役者としての懐の深さ
に平伏いたしました。

私は青砥が大好きです。

佐藤浩市さんについて言えば、
もう、中井貴一さんと並んで、日本の映画、ドラマ界の
トップランナーであり、円熟期を迎えてなお、俳優として
新しい顔を魅せてくれる期待の星といえます。

satoukouichi4.jpg

私は芹沢が大好きです。

原田芳雄さん亡き後、
ドラマ、映画界を背負っていく俳優として
ますます研鑽していっていただきたいと思います。

とにもかくにも

面白かった!
そして名曲だった。
それにつきます。


⇒⇒サントラ試聴⇒

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。



2012-06-26 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。