堀北真希、高橋光臣、木村文乃、小出恵介、松坂桃李「梅ちゃん先生」第16週 - ドラマな人々@遊Blog

堀北真希、高橋光臣、木村文乃、小出恵介、松坂桃李「梅ちゃん先生」第16週

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

堀北真希、高橋光臣、
木村文乃、小出恵介、松坂桃李
「梅ちゃん先生」第16週
ふたつの道


を観ました。
⇒⇒本日のランキング結果⇒

horikitamaki20.jpg


面白いよ!梅ちゃん先生

今週は特によかったわぁ。
笑えて、泣けて、感動して…。

takahashimitsuomi2.jpg

松岡(高橋光臣)のことをはじめて認めましたよ、私。
いい奴じゃん、松岡。
見直したよ、なんか友達になりたくなったよ。
と思った矢先にお別れ宣言ですものね。
ちょっと残念。

私ね、松岡(高橋光臣)と山倉(満島真之介)コンビの
会話もけっこうはまってましてね。
日増しにまともに見えてくるツッコミ担当の山倉に対して、
天然系のボケ担当、松岡の真面目ならではのリアクションには
笑わしてもらいました。

もう、『完全なる結婚』あたりから、私、はまりっぱなし。
松岡の生真面目ゆえの暴走っぷりには、声を出して笑いました。

笑いのピークは、松岡がバーに酒を飲みに行ったときね。
あの松岡の登場のしかたも最高!
酔っているにもかかわらず、場の雰囲気になじめずに、固まって
しまっている松岡の表情が、もう、可笑しくて…。
⇒⇒オススメ動画サイト、視聴率サイト⇒

しかも、照明で青白く松岡の顔を狙っているから、ちょっと
怪談じみた効果もあって、笑いに拍車がかかります。

いいねぇ〜、高橋光臣さん。
いい演技でしたよ。
まるで高橋さん、地で演じているのでは?と思わせるほどの
天然不器用人間ぶりでした。
いや、名演技名演技。

しかも、笑わせるばかりじゃないところがいい。
そのボケぶりで笑わせたあとは、不器用なまでの誠実さで
必死に誠意を示そうとする。

松岡のそうした言葉が、行動が、好感をもたせます。

松岡にそうした行動をさせるきっかけとなった
がん患者、早野新造(津嘉山正種)のお話も良かったですねぇ。

断絶した親子の絆を必死の思いでつなぎとめようとする梅子。
そして、父の残した写真にこめられた娘への愛。
心のアルバム…
写真がつなぐ心と心。
写真に込められた思いが明日を生きるきっかけになる。

末期がん患者である早野に病院での治療に専念してもらい一心で
勘当した娘の居所をつきとめようとする梅子。
梅子は娘と父を再会させることで、早野に生きる希望を見出して
もらいたいと考えます。
いっぽう、梅子を早野のもとに行かせた張本人の松岡は、
親子の再会がどれほどの意味があるのか判然としないまま、
ただ梅子と心をかよわせたい一心で、金沢まで早野の娘を
東京に連れに向かいます。

結局、松岡の努力は父娘の感動の再会という形にはすぐには
なりませんでしたが、娘さんの家族のアルバムという素敵な
プレゼントを持ち帰ります。

涙する父、早野と母。
いいシーンでした。
思わず、ウルっときましたよ。

早野がかつて娘のために撮った写真をおさめたアルバムが
最後にきてこれほど心に染みるものになろうとは…
早野が娘に贈った父のアルバム。
駆け落ち同然で、勘当された娘から父に贈られた新しい家族の
アルバム。

父と娘の間でかわされる無言の心の会話。
それを感じ取る梅子の心。

結局、早野は病院の治療には戻らず、残された時間を
家族とすごすことに生きる希望を見出した、という
まとめかたも納得できますね。

私としては、ようやく松岡という男が好きになった
ところで、そろそろ梅子との関係にも少しは関心を示し
応援でもしようかな、と思った矢先、アメリカ留学の話が
出てきて、結局、松岡は梅子との関係を清算して、わが道を
行く決意を固めるんですもの。

ガッカリですわ。
もうちょっと、松岡と梅子の夫婦漫才を観ていたかったかも。
それと、山倉とのコンビもね。

umeko matsuoka.jpg

あ、今週は照明さんの仕事が目をひきました。
松岡が酔っ払ったバーのシーンもそうですが、
金沢からアルバムを持ち帰った松岡を慰労するように
二人が診療所で言葉を交わすシーンね。
すりガラスごしに差す西日が松岡を暖かな逆光でつつむのよ。
二人が心をかよわせる大切なシーン。
いい照明でした。

ちょっと、「カーネーション」での糸子と周防のシーンを
彷彿とさせていたような…

【定価より13%OFF】DVD/国内TVドラマ/梅ちゃん先生 完全版
DVD-BOX 2/DSZS-7327 [11/21発売]


今クールのドラマには、ズッポリ私のツボにはまるものが
見当たらないので、当分、梅ちゃん先生で心を癒してもらう
ことにしようかしら…ネ。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               





2012-07-22 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。