石原さとみ、小栗旬、相武紗季「リッチマン、プアウーマン」第4話を観て - ドラマな人々@遊Blog

石原さとみ、小栗旬、相武紗季「リッチマン、プアウーマン」第4話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがごうございます。

石原さとみ、小栗旬、相武紗季、井浦新
「リッチマン、プアウーマン」第4話
 キスでよみがえる、忘れられた恋


を観ました。

ishiharasatomi6.jpg


えっ?
石原さとみさん演じる澤木千尋の本名って、
『はるか』じゃなかったの?

第一話で友人から『はるか』って呼ばれていたじゃない?
いつのまにか、『はるか』って名前は、友人のほうの名前に
なっているし…。

本名は

夏井真琴

ですって…。

まあ、なんとなくそれなりに、って感じの名前ですね。

でもさ、前回の本ブログの記事で、本名は何なんだ?
と書いたら、さっそく第一話で『はるか』と呼ばれていた旨の
有り難きコメントをいただいたので、直ぐに調べてみると、
確かに『はるか』と呼ばれているのを確認。

なのに、夏井真琴だって…。
なんか、はめられた気分。
どんな事情があったのかしら…ネ。



名前ばかりに拘ってもしかたないから、いいけど…。
そこには、それほどのドラマは、存在しなさそうだし。

iuraarata1.jpg

このドラマ、前にも言ったけど、朝比奈のほうが、日向より
よほどドラマを内包していると思うし、人間として共感できるのよね。

朝比奈にとって、日向がどういう存在か、と振り返ると、
朝比奈の内面に渦巻く、堆積した感情の汚泥を浚うことで、
キレイごとでは済まない人間ドラマが潜んでいることが
わかってきます。

この二人の関係って、たとえれば、

織田信長と明智光秀の関係

にちょと似ていると思うののよ。

先見性優れる天才であり、冷酷無比なところを併せ持つところなどを
みると、日向は織田信長的なリーダーですよね。
それに対して、朝比奈はナンバー2に甘んじながらも、自分の見識には
自信をもち、日向に認めてもらいたがっている。

日向に足りないところを自分が補っている自負があるわけ。
だけど、それはコンプレックスの隠れ蓑にすぎないのよね。
日向と一緒にいることで、自分のコンプレックスを補うと同時に
自分の足りない部分を強烈に感じてしまう…

自分で感じているうちはまだいい。
日向から指摘され、糾弾されることが深く朝比奈を
傷つけ、深い哀しみと、嫉妬と、羨望と、そして…

憎悪の感情

を醸成していく…

日向から「失望」の二文字が自分に対して唾棄されたことで
それは決定的な形へと変貌していくかもしれません。

それ…とは…

戦国の世なら

謀反。

明智光秀が織田信長にないがしろにされ、屈辱にまみれた末に起こした

本能寺の変。

朝比奈のコンプレックスが、日向を削除した
NEXT INOVATION に舵をきらせ、、
自分がトップに君臨しようとした瞬間、おそらく朝比奈は
崩壊するんでしょうね。

世が世なら、自害ですが、果たしてこのドラマでは
どんなドラマを見せてくれるのでしょうね。

日向のルーツ、母親との別れの真相にどれだけのドラマが
隠されているのかわかりませんが、私個人はあまり期待して
いないんですよね、そこには。

なんか、あっさり母と息子は理解しあえるような気がする
わけで…
だったら、やはり、クライマックスは朝比奈の乱心に
期待を寄せてしまうのです。

そうでないと
このドラマは、非常に退屈極まりないものになってしまい
ます…

石原さとみさんの演技以外はね。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-07-31 20:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
Posted by かなえ at 2012年08月03日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。