小栗旬、石原さとみ、井浦新、相武紗季「リッチマン、プアウーマン」第9話を観て - ドラマな人々@遊Blog

小栗旬、石原さとみ、井浦新、相武紗季「リッチマン、プアウーマン」第9話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうござます。

小栗旬、石原さとみ、井浦新、相武紗季
「リッチマン、プアウーマン」第9話
私を信じて! あなたの壁を壊したい


を観ました。
⇒⇒Ranking,Ranking,Ranking⇒


なんだか切ない気持ちになってきます。

え?
日向と真琴の二人がどんどんいい感じになっているのに?

ishiharasatomi7.jpg ogurisyunn2.jpg

まあ、あっちのお二人はね、どんどんいい感じになって
いただいて、ドラマの駆動エンジンになって、展開を
加速させてくれることを期待していますよ。

でも、私の場合、どうしても朝比奈のほうに目が
行ってしまうんですよね。

俺がやってることは、そんなにつまらないか?

そう問う朝比奈に山上は、なかば憤りながら言います。

お前はただ日向徹を塗りつぶしたかっただけなんじゃ
ないか・・・

念願のトップに立って強がる朝比奈…
責められても笑って相手の気持ちをなだめようとする朝比奈…
その表情が、いつも泣いているように見えるのは私だけでしょうか?

iuraarata1.jpg

道化師のような朝比奈の顔。
笑顔なのに泣き顔に見えてしまう朝比奈の顔。
⇒⇒人気サイトを探す⇒

朝比奈はトップに立って、はじめてトップの孤独を知る。
孤独に耐えられず、やさしく微笑み、相手からの癒しを期待
するものの、その弱さを見抜かれて、さらに孤独を深めていって
しまう。

やはり、僕には日向徹が必要なのか?
やはり、僕はサブの器なのか?
そうだ、僕には日向徹が必要だ。
そうだ、僕は日向徹を支えるポジションが似合っている。

だけど…

もう、後戻りはできないんだよ。
だって、僕は日向徹を裏切ったんだからね。
僕はこのまま走るしかないんだ。
わかってくれよ。
僕はこうするしかなかったんだ。
どうしても、日向徹が目の前から消えた世界を見てみた
かったんだ。
わかるだろ?
ねえ、わかるだろ?

そう問いかける朝比奈の目の前にいるのは、
鏡に映った朝比奈自身…。

朝比奈の泣き笑いの表情を見ていると
そんな朝比奈像が出来上がってしまうんですよね。

私は、そういう朝比奈が好きです。
トップになれない朝比奈が好きです。
常識人の朝比奈が好きです。
自分の弱さを優しさに置き換えようとする朝比奈が好きです。
朝比奈の人間らしさが好きです。

そして

朝比奈の人間としての弱さ、脆さを演じられる
井浦新さんが俳優として好きです。
幸運よりも悲運が似合う井浦新さんが好きです。

iuraarata4.jpg

このドラマ、日向徹に小栗旬さんを抜擢したことよりも
朝比奈役に井浦新さんをキャストしたことが成功に
つながりましたね。

さて

前半は澤木千尋の謎ばかりに振り回されて、思いのほか
つまらなかったわけですが、ここに来て、グッと前のめりで
視聴できるようになりました。
この勢いで最後まで突っ走っていただきたいものです。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-09-04 22:11 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。