榮倉奈々、光石研、広瀬アリス、松村北斗「黒の女教師」第8話を観て - ドラマな人々@遊Blog

榮倉奈々、光石研、広瀬アリス、松村北斗「黒の女教師」第8話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

榮倉奈々、光石研、広瀬アリス、松村北斗
「黒の女教師」第8話
最終章〜教師の秘密 副校長の愛に愚か者


を観ました。
⇒⇒Ranking,Ranking,Ranking⇒




今回、高倉たちに成敗されたのは、光石研さん演じる
副校長、堀田 学。

mitsuishikenn.jpg

全ての価値基準は、学校のため、自分の出世のため。
そのためのマイナス要因は徹底的に排除。
プラスになる優秀な生徒を自らの出世のために利用し、
マイナスになると判断した平均以下の生徒は優秀な生徒の
将来のために犠牲にしても構わない。

優勝劣敗こそが平等なり。

そんな教育姿勢、処世訓を座右の銘とする教師が副校長
というわけ。

hirosearisu1.jpg

そして、面接試験で急いでいたために、急病の老人をおいて
会場に向かった江衣花(広瀬アリス)でしたが、なにもあそこまで
悪人扱いされなくても・・・というのが正直なところ。
まあ、優等生で、非の打ち所のない、一点の曇りもない
生徒でなければならない、という、まるで国民栄誉賞ものの
選考基準がある大学の指定校推薦の生徒なら、やはり、あの
場では老人の面倒を見るべきだったのかしら・・・ネ。

それはまあ、あまり深く考える必要はないのですが、
要は、目的遂行のためには、事実を隠蔽し、かつ、
弱者の夢や希望すら踏みにじる副校長の生き方が裁かれた
今回。

高倉の回し蹴りのターゲットが、いよいよ、学校内部へと
向いてきたわけですね。
これは、現在の教育現場を報じる現状を顧みれば、当然の
流れ。

現実は、いじめが原因で自殺をした可能性が高くても、
その兆候を否定し、アンケート調査をしても、結果を公表せず、
いじめの存在をほのめかすアンケートは無かったこととし、
学校、教育教育委員会そろって真実の追求から目をそらしつづ
ける始末。
このドラマではありませんが、もはや、学校の先生方のほうの
教育が社会問題化しているような状態。

そのあたりの実情をふまえての、今回の「黒の女教師」の
企画なのでしょうね。
夢を語り、希望を語ることのできない、現実逃避型の教師たち。
そこに鉄槌下すのが、高倉たちなわけです。

副校長は、悪ではありませんが、
教育者として失格ということなんでしょう。
でも、ああいうタイプの人間は、どこの社会にでも、いつの時代
でもいますよ。
なにも、今の教育現場に限った人物ではありません。

それに

全生徒を平等にという教育方針に対して
学業優秀な生徒を優先した教育を自分の描く教育の理想と
唱えることじたいは、副校長の自由であるし、悪ではない
わけですよ。
⇒⇒人気サイトを探す⇒

責めるべきは、隠蔽ただ一点であって、副校長の教育方針
ではないはずなのよね。

TVサントラ/黒の女教師 オリジナル・サウンドトラック

今回、ちょっと違和感あったのは、高倉が副校長に説教する
シーンで、

「教師が理想を教えないで誰が教えるんですか?」

って言うのね。
でも、普段、理想を言っている木村文乃さんの遥先生の横で
現実的な厳しい現実ばかりを生徒たちに言い、甘い夢や希望
をもつことが無駄なような印象が高倉先生にはあったんです
けど・・・。
ここにきて、高倉先生が悪を否定し、教師が悪を教えてはならない、
理想を、そして希望を語れ、とまともなご意見を言い出すとは
思いませんでした。

しかし、その後の展開で、蹴られるべきは自分たちかも・・・
という三人の会話を聞いて、ああ、なるほど、やはり、
自らを成敗しなければならない時が来るのね、と納得。
今回はそのためのプロローグというわけですな。

それでも、あの副校長への台詞は、もっと違うもののほうが
良かったような気がします。
理想を語れ、ではなく、隠蔽体質を批判したコメントをね。

「頭隠して尻隠さず。
 どんなに隠したつもりでも、悪はいずれバレるって
 学校で教わらなかった?副校長・・・」

みたいな。

でも、普段、理想や希望を語らない高倉にあえて理想という
言葉を言わせることで、自らのかかえた事件に相対する
体勢をつくろうとしているんでしょうね、企画を担当されて
いる山下友弘さんは。

ようやく、クライマックスに突入していきそうです。

matxumurahokuto1.jpg

ところで
何故、高倉は戸田くん(松村北斗)の課外授業参加をすんなり
認めたのかしら?
それに参加のしかたも中途半端。
ま、いっけど。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-09-09 13:14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。