北川景子、GACKT、優香、木村真那月「悪夢ちゃん」第2話を観て - ドラマな人々@遊Blog

北川景子、GACKT、優香、木村真那月「悪夢ちゃん」第2話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

北川景子、GACKT、優香、木村真那月
「悪夢ちゃん」第2話 チー夢
姉弟の絆裂く悪魔!夢で救え!涙の教室


を観ました。
⇒⇒Ranking,Ranking,Ranking⇒


映像の出来栄えについては、初回を観て既にその完成度の
高さは折紙付き。デジタル技術の進歩には目を見張るばかり。

さて、今回は、このドラマのテーマ、

どんな過酷な運命でも、
未来を切り拓くのは自分自身!


が色濃く出ていてました。
両親に捨てられたという主人公である彩未(北川景子)のメッセージ
が、ストレートな台詞として表現されていました。

ただし、結婚という人を信頼することで成立する人間関係
自身も「甘え」とする彩未の考え方は、相当にうがったものの見方
だとは思いますけどね。

ただ、信頼という言葉で人間同士が安易につながろうとする
ことに批判的な彩未の考え方は、腹黒さとは別にして、私は
けっこう共感できたりします。
⇒⇒人気視聴率⇒

予知夢を見る少女、古藤結衣子(木村真那月)と
明晰夢を見ることのできる、彩未先生(北川景子)。
未来を予見する少女と未来をコントロールする教師。
そんな明確な役割分担が、このドラマをわかりやすい
エンターテイメントに一役買っているように思います。

そして、初回に劣らずに、北川景子がいい。
テレビドラマにかかわらず、ミュージカルかなにかの舞台劇を
思わせるような大仰な芝居は、その美形の容姿のイメージを破綻
させるのに十分で、これまでの小ぢんまりとした女優のイメージ
の殻を破っています。

北川景子さん・・・女優としての好感度アップです。

kitagawakeiko5.jpg
森田芳光監督の死を悼む北川景子さん・・・私はこの時の北川さん
の憔悴しきった表情に、彼女の美しい心を見ました。
心から森田芳光監督を敬愛していたことが伝わってきました。


そして、いかがわしさ抜群のGACKTさん・・・
いえ、志岐貴准教授。
彼が彩未とチームを組むことで、より彩未の人間性を解析
していく過程を楽しむおとができそうです。


次回も楽しみです。
それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-10-21 20:45 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
悪夢ちゃん、面白いですもんね。北川景子葉素晴らしい人です♪
Posted by at 2012年10月27日 17:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。