水谷豊、成宮寛貴「相棒11」第4話を観て - ドラマな人々@遊Blog

水谷豊、成宮寛貴「相棒11」第4話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

水谷豊、成宮寛貴、真飛聖
「相棒11」第4話
バーター


を観ました。
⇒⇒ドラマランキング発表⇒


久しぶりに警察官僚組織の問題をあぶりだすストーリー
でした。こういう題材を扱う「相棒」は好きです。

天下り問題が国会で議論されていたのはいつのことだった
かしら…
なにか、3.11以降、官僚組織云々なんて吹っ飛んでしまい
野田政権になってからは、消費税増税と解散時期をめぐる
攻防ばかり。脱官僚なんてキャッチフレーズが、遠い昔の
ことのように思われますね。
⇒⇒人気視聴率⇒

それだけに、今回のバーターは興味深く、ああ、そんな
ことも問題になったなぁ…と懐かしく思われたくらい。

そして、そんな官僚組織の闇の世界を操っているのが、
甲斐享(成宮寛貴)の父親、甲斐峯秋(石坂浩二)という
構図がはっきりと見えてきたことで、以前の小野田官房長
と杉下右京の関係性とはまた違った意味で興味深くなって
きましたね。

甲斐亨は、やはり、まだまだ相棒とまではいきませんし
本人も、そもそも特命係に在籍することに、いまだ納得が
いっていない状況ですものね。
相棒になるには、もう少し時間が必要そうです。

でも、そんな中でも、甲斐亨の突っ走った捜査を暖かく
見守りながら、走らせるところは走らせ、抑えるところは
抑える杉下右京の手綱の締め方を見ているのも、今のところは
楽しめる要素です。

やはり、神部尊のときよりも、ストーリーが明快で
わかりやすい。



甲斐亨を描く意味では、こういうシンプルな構図の脚本の
ほうがいいでしょうね。
あとは、真飛聖さん。まだまだよそよそしい。
もっと、ズッポリ、杉下右京とかかわって欲しいです。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



タグキーワード
2012-11-04 18:10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。