夏菜、風間俊介、若村麻由美、朝ドラ「純と愛」第5週 きたかぜとたいよう を観て - ドラマな人々@遊Blog

夏菜、風間俊介、若村麻由美、朝ドラ「純と愛」第5週 きたかぜとたいよう を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

夏菜、風間俊介、若村麻由美、
朝ドラ「純と愛」第5週 
きたかぜとたいよう


を観ました。
⇒⇒Ranking,Ranking,Ranking⇒

natuna1.jpg

 


いやはや、今週も大変でしたね。
とても朝ドラとは思えません。

最初は濃いキャラの純の存在を嫌味なく物語に
なじませるキャラとして、薄口醤油のような
愛のキャラだったのですが、ここにきて、その
人の本性が見えるという特異なキャラとその暴力性が
際立ち始めると、薄口どころか、ダブルで濃いキャラの
同棲物語になってしまいました。

まるでラーメン二郎でチャーシューダブルを頼んだ
ようなもの。
かなり、胃にもたれます。
⇒⇒人気視聴率⇒

それにしても同僚、田辺千春(黒木華)は性悪…
というには、ちょっと可哀相かな。
ま、好きな男性に振り向いてもらえない女心としては
理解しないこともありませんけどね。
だけど、女の嫌な部分をたくさんもっている感じ。
これからも純にとっては難しい同僚となりそうですね。

でも、いそうですよね。
仲間を陥れようと、客のふりをしてアンケートを出して
しまうタイプって。

とはいっても、その本性が見えたからって、飛び掛る愛も愛よ。
激しすぎ。
最近になって、死んだ弟、純がガラスに映りこんだりして
その喋り口調と愛の口調がだんだん区別がつかなくなりつつ
ありますよね。

ま、病院に連れて行ったところで、なんの解決にもならない
ことは、視聴者はもちろん、当の純と愛二人ともわかっている
はずなのに。
なんでまた、純もそんな気になったのかしら?
経緯には同情しますけど。

それにしても、あの医者の本性も酷いものです。
その本性を説明するのに、何もあんなに演技派にならなくても
いいのに…観ているこちらが疲れてしまうわ、と思う私。

まあ、愛と生きていくのは、母親が言うとおり大変よ。
本性が見え、心の声まで聞こえてしまうんじゃ、まったく
プライバシーが無くなってしまうってことですからね。

大変ざますよ。


それでは。
最後までお読みいただき
あいがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               

2012-11-05 00:01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。