香取慎吾、山下智久「MONSTERS」第5話を観て - ドラマな人々@遊Blog

香取慎吾、山下智久「MONSTERS」第5話を観て

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

香取慎吾、山下智久
「MONSTERS」第5話
究極グルメ殺人事件最後の晩餐は幻の味


を観ました。
⇒⇒人気サイトを探す⇒


なんとなく物足りないのよね、いつも。

平塚平八のキャラは別にあれでいいんですけど
なんていうか、普段の平塚平八がどんな生活している
のか、たとえば、ちょっと変わった趣味をもっているとか、
女性に対してはどうなのか…とか、事件を解決する
刑事の顔以外の部分をもっと膨らませて欲しくなるのよね。

これじゃあ、ちょっと風変わりな敏腕刑事というだけでしょ。

西園寺もね、高野恵美(柳原可奈子)が彼女という設定
なのはいいのですけど、それ以外の素顔が見えにくいのよね。

ただの素直な男の子、って感じなだけで、つまらない。

人間、平塚平八ってどんな奴?
人間、西園寺ってどんな奴?

そのあたり、もっと膨らませて演出していただけると
このドラマは随分楽しめる要素が出てくると思うのね。

遠藤憲一さん演じる金田一は、あれでいいと思うのよ。
特に、説明がなくても、人間金田一がにじみ出ていると
思うわけ。それは、遠藤憲一さんの演技力、存在感が
あってこそなわけですけどね。

古畑任三郎と今泉、杉下右京と亀山薫…
皆、個性的であると同時に、ちゃんと人間が描かれて
いるわけ。人間味あふれている。

だけど、平塚平八と西園寺の二人は、いまだにどんな
人間なのかがさっぱり伝わってこない。
そこが一番の問題なのね、このドラマの。
⇒⇒ドラマランキング発表⇒

今回の料理人対決のサスペンスについて言えば、
真犯人の嗅覚に問題あり、というのは、携帯についた
臭いがクローズアップされた時点ですぐにわかってしまい
ますけど、そんなことはいいんです。

真犯人の嗅覚に問題があるにしても、薄口醤油と黒酢を
入れ替えるという平塚のトラップに真犯人がひっかかる
というのは、あまりに酷いのでは…

鼻に問題あり、といえど、味見をすれば醤油と酢の違いは
多少なりともわかるでしょう?
ちょっと極端すぎて、逆に筋書きが強引な印象を生んで
しまうのですよね、このドラマはいつも。

それに、真犯人は最初から審査委員長を計画的に殺害する
だったら、なぜ、わざわざ公園に呼び出すような面倒なこと
をしたのかしら?って疑問が残るわけ。

だって、死体を教室に移動させる手間があまりに面倒でしょ。
だったら、最初から教室に出向いて殺害し、一旦外に出てから
奥さんが到着した後に、あたかも今着いたばかりのように車を
つけたほうが、よほど時間的にも工作しやすいのではないかしら、
と思ってしまうのよ。
それに、教室で倒れていた被害者の頭からは大量の血が流れて
いたでしょ。
あれだけ流血していたなら、外から教室に死体を運び込む
途中で、相当血が付着したはずなのに、何故か倒れた死体の
頭からの流血だけが大量なのは何故なのかしら?って思って
しまうのよね。

要するに、このドラマの犯罪って、いつも強引で無理があるよう
な気がするものばかりなわけです。

強引でもいいのだけど、その強引さを覆いつくすような説得力の
あるトリックだったり演出がないと、ドラマじたいがちょっと
白けてしまうと思うのよ。

ま、ツマラナイ、ってほどでもないのですけど、
いつも今イチな印象のサスペンスっていうのも、ちょっと
ツライ。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-11-19 20:50 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。