生田斗真、真木よう子、木村文乃、桐谷健太、香椎由宇、柄本佑、国仲涼子「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」第5話 - ドラマな人々@遊Blog

生田斗真、真木よう子、木村文乃、桐谷健太、香椎由宇、柄本佑、国仲涼子「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」第5話

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

生田斗真、真木よう子、木村文乃、
桐谷健太、香椎由宇、柄本佑、国仲涼子
「>遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」
第5話 必死に頑張るのってカッコ悪いですか?


を観ました。⇒⇒Ranking,Ranking,Ranking⇒

ikutatouma3.jpg


なんか、観ていてヒリヒリしてきます。

未来への光を必死に探そうとしているにも係わらず、
寂れゆく商店街の現実に立ち往生しそうな順一の思い、

行き詰まった現状から目を逸らすように、アルコールに
溺れる父親と反目しあう松本宏樹の思い、

東京に戻れないと悟りながら、研究活動に戻りたい気持ちを
抑えきれないかほりの思い、

主婦という肩書きの日常に埋没するのが怖く、女としての
自分を順一を通して確かめようとするさよりの思い、

屈託なく真っ直ぐな丈太郎に惹かれながらも、過去から目を
逸らしながら日陰を探すように生きる松本宏樹から離れられ
ない彩花の思い、

その愛を信じてはいけないと知りながら、偽りの愛を信じようとし、
愛に裏切られようとしている不安に震える春菜の思い…。

どの思いもヒリヒリします。
⇒⇒人気視聴率⇒


一人ひとりの焦燥のベクトルが、
時に、互いを傷つけ、
時に、互いを癒しながら
交錯していく悩める若者群像ドラマ。

自分の今に対する焦りが止まらない。
もがいても、目を伏せても、光は見えず、救いも訪れはしない。
それでも、捨てきれないもの…

希望。

このドラマには
退屈の二文字は見当たらない。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

このブログのトップページに戻る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg


ブログのランキングに参加しています。
このブログを支持、応援していただける方にコチラをクリックして
いただけるとランキングに反映され、ブログ更新の励みになります。
是非、よろしくお願いいたします。

               



2012-11-23 21:43 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。