仲間由紀恵、三浦翔平、「サキ」第3話を観ました。 - ドラマな人々@遊Blog

仲間由紀恵、三浦翔平、「サキ」第3話を観ました。

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

仲間由紀恵主演 三浦翔平
「サキ」第2話
禁断へ導く女


を観ました。
⇒⇒人気ブログを探す⇒


なんていうのかしら。

ずーっと前戯を見せられているような感覚なんです、
このドラマ。

復讐という本番に至るまでの、長い長い前戯をね。

女性には、男の心を揺さぶる復讐の前戯じたい、観ていて
面白いのかもしれません。

でも

男性の場合、前戯は2話まででもう、けっこう。
早く、次の段階に進んでおくれよ、と思ってしまうわけ。



男性でも前戯好きがいるとは思いますけど。

今のところ、メインのターゲットである野村に対する復讐にしても
ようやく、復讐のツボになる祐樹という妹の存在に光が当てられた
ばかり。

このペースでいくと、全話の半分は野村を壊すために使われそう。
もしかしたら、全ての復讐ターゲットに野村が絡んでいるのかもしれ
ませんけど。

ただ

個人的な視聴願望としては、前前から書いているように
私はこのドラマでは高嶋政伸さんに注目しているわけで。

高嶋政伸さんと富田靖子さんという、ツボにはまれば最強の
恐怖、狂気を演じられるキャストのほうに、物語の軸が一日も
早く移ることを期待してやみません。⇒⇒Ranking,Ranking,Ranking⇒

さて

牡蠣です。
肉です。
ワインです。

食べます、飲みます、食べます、飲みます…

シズルです。

広告なら、さしずめ、ぐっさんこと山口智充さんが出演
している味の素、クックドゥーで「もやし、もやし、もやし」
と娘役の杉咲花ちゃん(夜行観覧車出演中)と美味しそうな
音をたてながら、口いっぱいに頬張るあのCM。
回鍋肉の杉咲花ちゃんの食べっぷりには食欲そそられました。



CMなら食品の美味しさを最大限に引き出す効果に使われますが、
サキの場合の音は、サキ自身の人格の演出に使われていますね。

食事する口元の映像、咀嚼する音、舌舐めずりの音、飲み干す音、
というのは、セックスを連想させるなどの効果があります。
【送料無料】マスターショット100 [ クリストファー・ケンワーシー ]

口が第二の性器と呼ばれるだけあって、食事する女性の口元のアップ
やその際の音を強調することで、その女性のセックスに対する
積極性を感じることができます。

そして、セックスにおいては、男性を凌駕する体力をもって服従させ、
自分の支配下にしてしまうほどのエネルギーさえ感じることができます。

男を骨の髄までしゃぶり尽くす女、サキ。

そんな狙いを感じる演出です。

でも、そう考えると、逆に何かが物足りないんです、このドラマ。

サキの濡れ場です。

まあ、広い世代に楽しんでもらおうとすれば、中途半端なキスシーンで
終わらせることになるのかもしれませんが、やはり、男から精力を
奪いつくすような激しいベッドシーンがないのは、サキという女性を
描くにあたって、かなり中途半端な印象が残ります。

牡蠣を飲むように食し、ワインで喉を潤して、次は男を貪るように
食し、男をどんどん抜け殻にし、完全にコントロールしてしまう。

もし、そんなふうにサキという女性を描いてくれたなら、
冒頭に書いたような不満は感じないと思いますね。

女の魅力を武器にターゲットを支配し、破壊していくのなら、
やはり、徹底的に「女」を演出して欲しいところです。
そうでないのであれば、「美しい隣人」同様に、中途半端な
印象で終わってしまうような気がします。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。



タグキーワード
2013-01-27 08:15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。