戸田恵梨香、高良健吾、柄本佑、
安藤サクラ、新井浩文、大森南朋、
「書店員ミチルの身の上話」第4話を観ました。 - ドラマな人々@遊Blog

戸田恵梨香、高良健吾、柄本佑、
安藤サクラ、新井浩文、大森南朋、
「書店員ミチルの身の上話」第4話を観ました。

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

戸田恵梨香、高良健吾、柄本佑、
安藤サクラ、新井浩文、大森南朋、
「書店員ミチルの身の上話」
第4話  秘密


を観ました。⇒⇒ランキングに投票⇒

todaerika11.jpg


あいかわらず面白い。

2億円を手にした驚きと戸惑いと喜び。
そして、銀行側から他言無用とこれまでどおりの
生活態度をアドヴァイスされ、それと悟られない
ように振る舞い、かといって、大金を手にした喜びを
抑えきれない主人公ミチルの様子を見ているだけで
楽しめてしまう。

そんなミチルをとぼけたキャラで演じる戸田恵梨香さんが
いい。
社会人としての自覚や人間関係の秩序といったものに対して
軽くソッポを向けた感じのミチルを好演していますよね。

竹井もどこかミステリアス。
その彼女(?)の高倉の存在も、ここにきて、物語を混乱
させるに十分な存在感を放ちはじめている。

社会性を醸しつつ、しかし、実体はかなり無責任男の
印象が強まってきたミチルの不倫相手、一樹も胡散臭さと
いう異臭を撒き散らしている。

そして、執念の男…
自称ミチルの彼氏、久太郎。
長崎から突然のミチル宅訪問。
知るはずもないミチルの新居に。
これはホラーだ。
ミチルにとっては。

俄然、ドラマが動き出してきました。

本格的始動は次回からですが、
これまでゆったりと不穏な空気を漂わせながら
ミチルの夫のナレーションというミステリアスな
展開が功を奏し、ぐいぐい物語りに引き込まれてきた
私。⇒⇒人気ブログを探す⇒

柄本佑さんのドアごしの姿を見た瞬間、
ミチル同様、いや、ミチルとは正反対に歓喜の声を
あげそうになりましたよ。

よくぞ、東京まで来てくれました!
よくぞ、ミチルの新居まで見つけてくれました!
あんたはエライ!
それぞドラマを面白くするツボ。
ジャックニコルソンのシャイニングに匹敵する恐怖を
ミチルにあたえ、私にはサスペンスドラマの醍醐味を
味あわせてくれた柄本佑さん、あなたのその偏執狂的な
追跡能力と実行能力、そして怪しい風貌は、なにから
なにまで素晴らしいの一言でございます。

そして、柄本さん、あんた殺されてしまうんでしょ。

ああ、なんて面白い展開なんでしょう。
人が殺され、人が死ぬことで、こんなに楽しめる私って
かなりアブナイ人間のようですが、これもサスペンスドラマ
だからこその愉悦。快楽。


嗚呼!
ドラマって、ホントにいいもんですね。


それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。
2013-02-03 10:49 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。