内野聖陽、佐藤健、野村宏伸、吹石一恵「とんび」第6話を観ました。 - ドラマな人々@遊Blog

内野聖陽、佐藤健、野村宏伸、吹石一恵「とんび」第6話を観ました。

こんにちは。
遊(ゆう)です。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

内野聖陽、佐藤健
「とんび」第6話
父と息子の最期


観ました。

satouken1.jpg


旭の旅立ちと安男の子離れのお話。

よくあるエピソードではありますが、ここまでの経緯と
安男のキャラに馴染んできた視聴者にとっては、笑いあり、
涙ありの、なかなかの感動エピソードだったのではないでしょうか。

はっきり言って、ベタなお話です。
ベタであり、共感されやすく、感動させることを目的と
している題材であり、感動してもらわねは、ドッチラケに
なってしまうわけです。

それほどまでにベタな題材で、その期待に応える出来栄えという
のは、まあ、魅力的で、実力ある俳優陣の力に負うところが
大きいわけです。

ただ、正直、海雲和尚不在の寂しさは残ります。
海雲を演じる柄本明さんには、どれほど感動させてもらった
ことか・・・。

母親がいない寂しさを訴える旭の背中を皆で温めた
あのシーン…

tonbi1.png

あの時の海雲和尚、旭に微笑みながら語りかける海雲和尚
には、本当に泣けた。
おそらく、このドラマの最高のシーンであり、いつまでも記憶に残る
シーンになるに違いありません。

閑話休題。

私にとっての今回のポイントは、これまでならば海雲和尚が
安男を諭したところを息子の照雲が代わって安男を諭し、
導く役割を担っているところでした。

海雲和尚の陰で頼りなく見えた照雲が、照雲なりの誠実さで、
一所懸命、安男に説教する様子に、そして、その言葉に耳を傾ける
安男の様子は良かった。

私は、野村宏伸さん演じる照雲が案外好きです。
あまり好きな俳優さんではなかったのですが、
今回はけっこういい。

僧侶にしては、ちょっと軽く、ちょっと頼りなげな風情で、でも、
真摯で、人のために一所懸命になる…そんな等身大の和尚、照雲に
親近感を覚えます。

安男にとって、照雲の言葉は、和尚の言葉というより、親友の言葉
として、心に響いたかもしれません。



さて、もうひとつのポイントは…カレーライスです。

kare.jpg

もちろん、二日目の朝のね。

翌朝のカレーライスが美味しいのは、一晩寝かせることで味にコクが
出るから…とはよくいいますが、二日目の朝のカレーライスはお客ではなく、
家族だけの特権…だから、格段に美味しい、という発想が安男らしく、そして
安男に育てられた旭ならではの言葉ですよね。

家族で食べる食事は美味しい!

朝食を抜く人が多い昨今、もしかしたら、朝からカレーなんてとんでもない、
と叫んだ人もいたかもしれません。

でも、男の手料理の定番となれば、やはり、カレーライスで決まりです。

そして、旭が上京する前の晩のカレーライスが、『最期』のカレーライスに
なる、というのがね…タイトルが既にネタバレになっているにもかかわらず、
何故か、その『最期』に感動を期待している自分がいるんですよね。

あ、カレーライスが食べたくなってきた。

それでは。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

2013-02-20 22:18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ dramaq1.jpg blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ドラマな人々@遊Blog All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。